契約後のキャンセル、日程変更について

業者と契約をした後に、突発的な事情によりキャンセルしたり日程の変更をしなければならないことはあると思います。
このような場合、どのような対応となるのか紹介します。
ほとんどの引越し業者は、「標準引越運送約款」を取り入れています。
これは国土交通省から発行された、業者と消費者のトラブルを未然に防ぐための取り決めです。
契約時に別紙で渡されるか契約書の裏に印刷してありますので、サインをする前によく確認しておいてください。
この約款によると、解約手数料は以下のように決められています。
当日のキャンセルは料金の20%以内。
1日前のキャンセルは料金の10%以内。
2日前までのキャンセルは手数料の請求はできません。
いかがでしょうか?。
思ったよりも消費者側に有利な取り決めとなっています。
つまり当日にキャンセルしたとしても、20%の解約手数料だけで済むわけです。
日程変更の場合もキャンセル扱いとなりますから、同じ手数料が適用されます。
しかし中には標準引越運送約款を採用せず、独自の約款を採用している業者もあります。
契約時にきちんと確認するように心がけましょう。
以上のように約款に記載された解約手数料を支払えば、キャンセルや日程変更は可能となります。
しかし、突然の病気や親族の不幸などやむを得ない場合や、暴風雨など著しい天候不良の場合は、無料で日程変更してくれる場合があります。
まずは業者に事情を説明して相談してみることをおすすめします。

コメントを残す