引越しの費用を抑えるコツ

私は転勤族と呼ばれるものです。
今まで広島・尾道・境港・名古屋・新潟・大阪というふうに何度も転勤を繰り返してきました。
その経験から料金を抑える、という意味でのベストな引越しの方法をご紹介します。
まず、単身の場合には転勤があることを見越して、できる限り荷物を増やさないように生活することが第一条件になります。
荷物が多いと、料金がかかってきてしまいます。
そして、混雑して業者が忙しくなる4月は絶対に避けて、7月くらいに引越しをすることです。
そうすると、比較的低料金になるので、費用を抑えることが出来ます。
そして極め付けが単身ラクラクパックというプランで、自分自身も引越しを手伝って値段を下げる方法があります。
そうすると、私の経験ではかなりやすくなっています。
尾道から境港まで76千円で出来ましたし、境港から名古屋も8万円という低価格で費用を抑えることが出来ました。
このように、単身では工夫次第でかなり費用が抑えられます。
また、同じ業者を継続していると、割引もしてくれますのでお勧めします。
以上が単身の場合です。
世帯の場合には、非常に荷物が多くなってしまいますので、単身の時と同様に極力荷物を増やさないようにしてください。
そして時期も単身と同様にしてください。
問題はたくさんある業者の選定です。
世帯の場合で4月の移動の場合には料金がすごく高い業者が数多く出てきます。
具体名は避けますが、全て大手の業者でかなりの高値を提示してきます。
そのため、何社か見積もりを取ってください。
その中で一番低い業者を選ぶといいと思います。
4
月のピークの時はどの業者を選んでもアルバイトばかりきますので、結局品質はどこも同じように感じます。
せめて値段だけでも妥当なものにしたいです。

コメントを残す